賃貸経営をする不動産物件の種類をピックアップしてそれらの特徴を列挙していく

取り扱う賃貸物件にもいろんな種類があります。一戸建てやアパート、マンションといった種類があります。どれも同じように見えますが、まったく異なる物件です。一戸建てやアパートというのは、1軒を購入することになります。マンションも考え方によってはそうなりますが、1室だけ購入することも可能です。

一戸建てやアパートは数が多いですので、それだけ資金が必要になります。頭金やローンの金額もそれだけ増えるでしょう。ただ複数の人が入居していますので、ある程度の利回りは計算することができます。リスクを回避した賃貸経営ができるのが、一戸建てやアパートの賃貸となるでしょう。

一方、マンション経営は1室から始めることができますので、それほど資金は問題にならないことが多いです。経営が波に乗った時に、2室と増やしていけば良いでしょう。ただその1室に入居者がいなかった場合、収入は入ってきません。その点は一戸建てやマンションと異なってリスクが高い経営になってしまいます。

ただ少ない資金で経営ができる点はかけがえのないメリットになるはずです。どちらを選ぶにしても、自己資金によって異なるでしょう。新築や中古といった問題も出てきますし、新築であれば土地から購入をしなければならなくなります。中古であれば修繕費用も必要になってきますし、出入りが激しいのであれば、それだけで支出が多くなってしまいます。

基本的な賃貸経営の考えとして、いきなり一戸建てやアパートの賃貸に手を出すよりも、資金が少なくて済むマンションの経営から始めるのが良いとされています。空室の問題は立地条件と賃料によって解消されることも多いですので、まずは1室から始めるのも良い選択になるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ