これだけは押さえておきたい賃貸経営の情報とこれから持つべきビジョンのお話

どんな賃貸経営をしたのか?これを明確なビジョンとして持っておくようにしましょう。その時に大きな問題になるのが資金です。資金があれば新築やマンションごと購入するなど選択肢も広がりますが、老後の蓄えやセカンドビジネスとして考えているのであれば、マンションやアパートの1室だけ購入するということも考えられます。

どんな賃貸経営をしたいのかを明確にすることが大切です。賃貸経営の基本として、空室が多ければ収入にならず、埋まっていればそれだけ利回りになることです。ローンを組んで賃貸経営に踏み込むことになりますので、毎月の返済もあることから収入の問題は決して無視をすることができません。

空室を埋めるために努力が必須です。だからこそ最初の購入が重要になります。空室の問題は、立地条件と賃料が多くを占めています。立地条件が良ければ、それだけ入居希望者も増えます。ただ立地条件が良い場所というのは、やはり価格が高いです。

賃料も大きな問題となり、お手頃な値段で提供できたとしても利回りが下がると、そのまま返済がきつくなります。また不動産は賃料が安いとそれだけトラブルを抱えた物件であるのが定説です。入居者も避けることが多くなるでしょう。空室を埋めるために大きな要因となる立地条件と賃料は、兼ね合いが大切になります。

だからこそ明確なビジョンを持ってから賃貸経営を始めなければなりません。どのくらいの収入を得たいのか?また将来的な法人化を目指しているのか?等いろいろあるはずです。スタートは明確な賃貸経営の未来像です。それを構築することによって、購入する不動産物件を決めることができます。

どんな賃貸事業をしたいのかをまずは描いてみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ