これから賃貸経営を本気で始めようと思っているのであれば一般的な流れを知っておくことは必須!

賃貸経営の一般的な流れを知っておきましょう。まず住み場所を用意しなければなりません。新築や中古の物件、アパートやマンションといった不動産があります。また立地が良くなければ入居者を募集するのに苦労しますので、そこはとても重要です。

入居者を募集することになりますが、不動産管理会社を通せばスムーズに運ぶことが多いです。もちろん将来的な賃貸経営として目指しているのであれば、自分で運営するのも良いですが、宅地建物取引士などの資格がなければ、個人で行うのは難しいこともありますので、始めは不動産管理会社に仲介してもらうと良いです。

その場合、仲介手数料が必要になります。上限が賃料の1か月分になっていますが、賃借人が支払うケースの方が多いです。ただオーナーである賃貸人が半額や全額支払うのであれば、それだけで入居者も増えることになるでしょう。ここは戦略が必要です。

次に入居者と賃貸借契約を結ぶことになりますが、ここも宅地建物取引士の資格を持っている人の方がスムーズに運びますので、不動産管理会社を通した方が良いです。原状回復や敷金返還といった退去時のトラブルにも強いですので、任せておきましょう。

入居者が退去するようなことがあれば、また入居者を募集することになります。その繰り返しが賃貸経営です。ひとりで行うのは、特に不動産初心者の方は難しいですので、賃貸経営のアドバイザーや不動産管理会社を通すと、明確なアドバイスをもらえますので、初めはプロと一緒に歩む経営をおすすめします。

ノウハウをつかめば、それだけ自分で経営をすることができ、将来的には法人化を目指すこともできるのも賃貸経営の強みになるでしょう。まずは1室から始めてみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ