新築と中古物件の賃貸経営の方法には違いがあるのかどうかについて考察してみました

賃貸経営を始めるにあたり、購入する物件を新築にするのか、中古にするのかを考える必要があります。経営になりますが、不動産は資産でもありますので、よくよく考えて選択をしなければなりません。また新築や中古ならではのメリットや問題点もありますので、それらをよく理解してから選択をしましょう。

新築物件のメリットは新しいことです。入居者もなるたけ綺麗な部屋に入りたいはずですので、人気が集まる物件です。賃貸経営の問題点になる空室を避けることができるでしょう。また立地もよく検討してから購入することになりますので、この点も空室問題を排除することに貢献してくれるはずです。

ただメリットばかりではありません。賃貸経営を始める人が気になる点は、やはり購入価格になるでしょう。新築物件になりますので、それだけ値段は張ります。1軒を購入するとなると、莫大な資金が必要となり、気軽に賃貸経営に参加する理由には乏しくなることが考えられます。

空席問題を解決しやすい物件になりますが、ただ費用が問題になります。その兼ね合いが特に素人感覚としては難しいところです。中古物件は新築物件の真逆になります。入居者の問題が常に付きまとってきます。空室は立地条件や賃金の問題に限らず、ご近所トラブルなどもあり、なかなか根付いてくれない要因になることも。

ただ購入する費用は安くなりますので、物件の改築や修繕をきちんと行うことで、空室問題も解消することができます。また忘れてはならないのは耐震性の問題です。新築の方が優れているのは言うまでもありません。資産として考えた時、中古であれば決断することに邪魔をする原因になることがあります。

メリットとデメリットをよく考えて購入を検討しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ