こんなにメリットがある賃貸経営なのでチャンスがあるなら是非ご検討して頂きたい

こんなにメリットがある賃貸経営なのでチャンスがあるなら是非ご検討して頂きたい

不動産を取り扱うことは理解できるはずですが、そのなかでも貸し借りの契約が成立する不動産物件を取り扱うのが賃貸経営になります。大きな金額が動くように感じられることから、自分には適していないと考える人も多いのが賃貸経営です。メリットから見ていきましょう。

援用>>賃貸経営管理士 http://www.kenyonpowerboats.com/

長期的な収入になるのが賃貸経営です。長い期間ずっと入り続ける収入源になります。年金をもらえる金額が毎年のようにどんどん下がっていきます。老後の心配もあるでしょう。働かないでも収入になりますので、賃貸経営はその点でも人気を集める収入源になります。波に乗れば、それほど労働力をかけることなく収入になります。

扱う物件はアパートやマンション、一戸建ての賃貸物件です。アパートや一戸建ては1軒を扱うことになりますが、マンションであれば区分として1部屋を経営することができます。不動産経営なんて自分には無理だと感じている人にも、身近に考えやすい経営ができることがわかるでしょう。

資産として賃貸経営を考えてみましょう。先程も申したように年金後の収入源となりますので、不動産は資産として考えることができます。多くの方は住む場所として不動産を考えますが、資産として考えるとその点もメリットを感じられるはずです。

仮に経営者に仲にあった場合も、各種の保険に入ることでローンを家族に残さないことができます。また資産になりますので、何かあった時はそれを利用することもできるでしょう。また不動産は経済の変動に強いです。インフレが起きれば物価としての価値が高まりますので、景気対策を行っている日本にとってみれば価値ある資産としてみることができます。

賃貸経営をすることに大きなメリットがあります。決して遠い存在ではないのが賃貸経営ですので、身近な存在として感じることをおすすめします。

◆メリット以外のことも理解する賃貸経営
長期的な収入源になったり、資産になるのが賃貸経営になりますが、決してメリットだけではありません。どんなこともそうですが、必ずデメリットがあります。しかしそれは対処をすることで自分に降りかかる火の粉を払うことができます。賃貸経営のデメリットを理解することこそが、賃貸経営のメリットを強く感じられるはずです。

アパートやマンション、一戸建ての賃貸物件は、空室を出してしまえば、それだけで収入を得られなくなります。空室が起きる要因として、立地や賃料が問題になります。立地は賃貸経営をするときに考慮すれば防ぐことができますし、賃料も工夫をすることで空室状態を解消することができます。

ただ空室のデメリットがあることは視野に入れておきましょう。不動産仲介業者との連携も大切であり、また賃貸経営をサポートする会社もありますので、そのようなサービスと提携することで空室のデメリットは防ぐことが可能です。このデメリットは自分で解決できるものです。

資産価値が下がる可能性のデメリットは、なかなか自分では防ぐことが難しいです。災害が起きれば建物にも影響を与えます。また経年劣化は建物の宿命です。このようなことで資産価値が下がることも考えられます。下がらないためにも価値を保つために修繕費なども必要になってくるでしょう。

またインフレが起きるとローンの金利も上昇します。変動型金利であれば、それだけで収入額に影響を及ぼすことがあります。資産価値が下がるようなことがあれば死活問題になりますので、この点は注意しなければなりません。ただ十分な経営や資産運営ができていれば、防ぐことができることばかりです。

そのためのサポートをする場所がありますので、うまく連携を取ってデメリットを解消することが大切です。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ